ゴルフの献立の一般的な仕掛け

ゴルフの献立はショート献立といった修練をするためのゴルフ献立以外は、一般的には18ホールから組織されています。18ホールのゴルフのプレーを1ラウンドというトーンで読んでいます。プロのゴルフトーナメントにおいても、1日に行われるプレーの数字は、1ラウンド、18ホールになっています。それぞれホールごとに規定の打数が設定されていて、これはパーと呼んでいるのですが、パー3のホールはショートホールといいますし、パー4のホールのことは中間ホール、そうしてパー5のホールのことをロングホールといった形で呼んでいます。18ホールのパーを合計すると、代替え70から72辺りになっているので、当初のホールは圏外、こうはんのホールは、インといった形で呼んでいます。それぞれのホールごとに、フェアウェーやラフ、グリーンやバンカー、ウォーターハザード、グラウンドというように色々な組織の方法からなっていて、ホールの外に出てしまったことをOBと呼びます。ゴルフでホールというのは、カップのことを言う場合に使用されるのですが、ティーからグリーンまで全部のことをまとめてホールに関してもあります。18ホールの献立は、グリーンが18存在しているということになります。ゴルフ地点の中には、18ホールの献立が、2つとある箇所や3つとある箇所などもありますし、9ホールが、3つの累計27ホールで組織されている献立などもありますから色々です。しょうもないゴルフ献立はショート献立と呼んでいます。ラーメン大好き小泉さんの漫画アプリ